コンピュータウイルスの世界– Semalt Expert

インターネットに接続しているコンピューターは、特定の範囲の脅威に直面する可能性があります。主な脅威の1つはコンピュータウイルスです。最近、コンピュータウイルスが一般的な現象になり、ハッカーがデバイスを攻撃して個人情報を盗むようになったと言っても間違いありません。

インターネットユーザーに問題を引き起こすさまざまなソフトウェアバグが作成されています。しかし、コンピュータの専門家の助けを求め、問題の性質を理解することで、それらを取り除くことができます。コンピュータをマルウェアから保護する方法それはよく聞かれる質問ですが、専門家は適切な答えを出すことができません。

ソフトウェアの脆弱性が明らかになった場合、問題を見つけてコンピュータウイルスをできるだけ早く取り除くことが必須になります。この記事では、 Semaltカスタマーサクセスマネージャーであるロスバーバーが、コンピューターウイルスがデバイスに重大な損害を与える可能性があることを説明します。

ウイルスとワーム

コンピュータウイルスは、コンピュータ間で広がり、システム内で自分自身を隠すことができる特定のプログラムです。ファイルを複製し、データだけでなくすべてのアプリケーションに損傷を与えます。また、知らないうちにデバイス間を移動することもできます。

悪意のあるコードのさまざまな現代的な形式が、インターネット上のユーザーを追跡するために使用されています。時々、ウェブ上で線がぼやけたり、コンピュータの速度が遅くなったりします。

ワームは19世紀に最初に出現し、同じWi-Fiに接続されているコンピューターデバイス間で広がり続けました。彼らはあなたの画面に迷惑なメッセージの形で表示されます。最初のウイルスはElk Clonerと呼ばれていました。それは1980年代に書かれ、フロッピーを通じて多数のコンピューターに影響を与えました。

トロイの木馬とゾンビ

ウイルスやワームはもはや問題ではないと言っても安全ですが、トロイの木馬とゾンビは深刻な形をとっています。彼らはあなたのデバイスにアクセスするためのハッカーの強力な武器として機能します。彼らは、企業やソフトウェアのユーザーにシステムをシャットダウンするか、システムをクリーニングする前に身代金を支払うように要求します。

多数のハッカーが数百人から数千人のパスワード、ユーザー名、クレジットカード番号を盗んだ。システムに独自のプログラムをインストールし、疑わしいポップアップウィンドウを表示して、数秒以内にマシンに感染します。これらのプログラムは、主にトロイの木馬と呼ばれています。ウイルスやトロイの木馬の開発者は、インターネットに接続されたデバイスにアクセスすることで多くのお金を稼ぐことが証明されています。

スパムとスパマー

時間の経過とともに、スパマーやハッカーはボットネットを使用して不審なメールを多数の人々に送信し始めました。このようなメールを受け取った場合は、PCをスキャンしてゾンビやウイルスがないか確認し、疑わしいと思われるすべてのメールIDをブロックしてください。これらの犯人はいたるところに存在し、常にユーザーをだまし取るのに忙しい。

フィッシング

フィッシングは、通常は電子メールや奇妙なソーシャルメディアメッセージを介してユーザーをトラップするウイルスの別の形式です。多くのハッカーやスパマーがユーザーをだまして、お金を盗み、コンピューターデバイスに損傷を与えています。